« 子供の視力回復~視力改善をやりぬく | トップページ | 子供の視力回復~近視治療ストーリー »

2017年6月 7日 (水)

子供の視力回復~視力回復未来予想

こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが眼を悪くしてしまったのは。親がちゃんと気にしてやらなかったからです。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。眼科では近視は眼病の患者とは明らかに違う扱いだと感じてしまうのはなぜでしょうか?仮性近視のお子さんが眼科で検診だけを続けていては手遅れになる、これはある視力回復インストラクターが自信を持って言い切った言葉です。さてその真偽は?

しかし点眼液に頼るのではなく、手遅れにならないように先手を打っておかなければならないことがあります。子供の視力低下が深刻な問題になっています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

視力低下を招く生活習慣





視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

医師によっては使わないほうが良いとする意見もあるようです。

これは文明の進化に伴う弊害ともいうべき現代の悲しむべき状況です。仮性近視、これはどう捉えるべきでしょうか。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科で検診をうけて仮性近視との診断ならその時点ではまだ良いほうかもしれません。点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められます眼病を治すのが眼科医の本来の大義と捉えていて、視力低下はいずれメガネで矯正と当然のように考えている眼科医が大半でしょう。実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、本来は瞳孔を開かせるために特殊な目的で使う薬なのです。でもここで真剣な親ならダメ元でも何とかならないか考えるでしょう。無駄な足搔きでしょうか?実はそんなことはないのです。あなたの知らなかった視力回復法に行き当たる可能性もあるのです。

瞳孔を開く薬、名前がミドリンMという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。

« 子供の視力回復~視力改善をやりぬく | トップページ | 子供の視力回復~近視治療ストーリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/70789813

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力回復未来予想:

« 子供の視力回復~視力改善をやりぬく | トップページ | 子供の視力回復~近視治療ストーリー »