« 視力低下を招く主犯はスマホのゲームアプリ | トップページ | スマートフォンは視力低下を引き起こす »

2017年7月23日 (日)

子供の視力回復~視力回復の常識は間違っていた

しかしある程度続けないと効果はでないとされています。

眼科ではミオピンなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。



学校からは近視の疑いが強いので眼科で検診をするよう通知されて、後悔と不安がじわじわと押し寄せてきます。

仮性近視は治るのか?

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼科では仮性近視は治らないという事実があるのをあなたはご存じですか。もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでおびき寄せられているのです。

子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の進化の弊害ともいうべき現代の症候群とも言えるかもしれません。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

眼科医の意見を鵜呑みにしてそのまま通い続けると、ある時「そろそろメガネがないと生活に支障がでますよ」などと不安を煽られるようなことを言われます。仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネというパターンが多いからです。何故でしょうか?

仮性近視が視力回復してもまた悪くなる可能性は大です。正視の状態を維持する努力が必要です。ほとんど効き目のないこの薬に頼るのではなくこの時点でやるべきことが実はあります。ゲーム機、DSやPSP、スマートフォン、人間の視神経に有害なブルーライトを発するこれらの機器が子供は大好きです。子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視程度なら良いほうかもしれません。でも対策を間違えないで下さい。

« 視力低下を招く主犯はスマホのゲームアプリ | トップページ | スマートフォンは視力低下を引き起こす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/71217495

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力回復の常識は間違っていた:

« 視力低下を招く主犯はスマホのゲームアプリ | トップページ | スマートフォンは視力低下を引き起こす »