« 無責任症候群3DS | トップページ | 子供の視力回復~視力アップは実現できる »

2017年7月31日 (月)

子供の視力回復~諦めない視力復活

眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店を傘下に抱いているという悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。子供の視力が低下の危機に瀕しています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。これは現代社会が眼にやさしくない状況をもたらし続ける限り、こどもたちの視力が危険に曝されている状況からは抜け出せないでしょう。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

瞳孔を開く薬、名前がミドリンMという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。実は眼科では視力回復はレーシック手術以外はその根拠を認めていません。これは文明の進化に伴う弊害ともいうべき現代の悲しむべき状況です。仮性近視、これはどう捉えるべきでしょうか。

でもメガネに頼れば年々度が強くなり、眼科の指定する系列のメガネ屋が儲け続けるスパイラルに巻き込まれてしまうだけです。メガネに頼れば確実に視力は低下し続けます。

こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。子供の視力低下は親の責任です。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。そのまま淡い期待をもって眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親としては有罪確定を言い渡されたようなものです。子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPは眼を良くする薬ではなく、瞳孔を無理矢理に開かせ調整機能を弛緩させる作用の薬にすぎないのです。。仮性近視を眼科では治せないという驚きの事実を知っていたら、あなたのお子さんの視力回復は手遅れにならなかったかもしれません。

しかしある程度続けないと効果はでないとされています。





しかし点眼液に頼るのではなく、手遅れにならないように先手を打っておかなければならないことがあります。仮性近視の救世主 田中謹也のアイトレーニング

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

« 無責任症候群3DS | トップページ | 子供の視力回復~視力アップは実現できる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/71290697

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~諦めない視力復活:

« 無責任症候群3DS | トップページ | 子供の視力回復~視力アップは実現できる »