« スマートフォン視力障害への道 | トップページ | 子供のための視力回復法 »

2017年10月18日 (水)

子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために





眼科医の意見を鵜呑みにしてそのまま通い続けると、ある時「そろそろメガネがないと生活に支障がでますよ」などと不安を煽られるようなことを言われます。いざ宿題、勉強となると集中力散漫で15分と持たない子供でも、視力低下の原因となるゲームとなれば信じられない集中力と忍耐強さを発揮します。

眼科医が本気であなたの子供の仮性近視を治そうと努力しない理由は実は単純です。ただその事実を確かめてしまうと、あなたは自分の選択を悔いることになるかもしれません。

子供が目を悪くしてしまうと、仮性近視になったことで自分の子供に対する愛情や注意が不十分だったと感じてしまい落ち込みます。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

田中謹也のアイトレ

メガネを作るところまで行ってしまえば、眼科医の思う壺、そこで診察は終わり、あとは隣の眼鏡店で毎年、度の強くなるメガネを作り直すことの繰り返し。

眼科では仮性近視が散瞳剤などで視力回復しても、それも一時的、仮性のものだという認識があります。仮性近視が視力回復してもまた悪くなる可能性は大です。正視の状態を維持する努力が必要です。ミドリンMなどの名前の点眼薬、これを処方されて、毎晩就寝前に差すという指示を受けます。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPなどは副交感神経を麻痺させて瞳孔を開かせ、その作用で筋肉の固定化を解いていくのが目的で処方されます。子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の進化の弊害ともいうべき現代の症候群とも言えるかもしれません。これは現代社会が眼にやさしくない状況をもたらし続ける限り、こどもたちの視力が危険に曝されている状況からは抜け出せないでしょう。とにかくも、子供の視力の悪化は、親が責任をもって対処すべきです。

こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。この薬を寝る前に差す、毎晩必ず続けるように言われそれを実行して様子を見ることになります。しかしある程度続けないと効果がでないのも事実です。

« スマートフォン視力障害への道 | トップページ | 子供のための視力回復法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/71992766

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために:

« スマートフォン視力障害への道 | トップページ | 子供のための視力回復法 »