« 3DSは視力低下を社会に蔓延させている | トップページ | iphoneゲームアプリはこどもの視力の敵 »

2018年4月17日 (火)

スマホのゲームアプリはこどもの視力の敵

視力低下の予防、視力回復のためには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。読書の場合は、近くでも視点移動やページめくりと言う作業があり,また適度に休憩をとることもできるのでまだ良いのですが、こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる スマホのゲームアプリは最悪です。



わが子の視力に異常が出るとなにかと不安が絶えません。はじめはメンタルなストレス、これで親は滅入ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

結論としては親がこどもの視力の低下の予防について正しい知識を持っていれば、こどもが視力が低下してしまうことも防げるようになるというわけです。

仮性近視点眼薬ミドリンMの危険性

小さい子供の視力低下、これは現代社会病にもなってきています。しかしながら長男長女などが視力に異常なしの場合、つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従ってスマートフォンなどでのゲームアプリは、子どもの視力を奪う最大の原因です。視力を回復させることは簡単ではありませんが、視力回復は可能です。





子供の近視で面白いのは、兄弟や姉妹では一番上が近視になると、次以降の子の視力は割と安全です。二番目のこどもが視力が落ちてしまうリスクが大きくなります。

つまり親がこどもの仮性近視について無頓着だと、こどもが眼を悪くしてしまうというわけです。 近視になる原因とは、長く目の前のものばかりを見てしまう、これが視力にとって最悪のことなのです。

« 3DSは視力低下を社会に蔓延させている | トップページ | iphoneゲームアプリはこどもの視力の敵 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/73315733

この記事へのトラックバック一覧です: スマホのゲームアプリはこどもの視力の敵:

« 3DSは視力低下を社会に蔓延させている | トップページ | iphoneゲームアプリはこどもの視力の敵 »