« 無責任症候群スマホのゲームアプリ | トップページ | 携帯ゲーム機器視力低下への入り口 »

2018年6月 6日 (水)

スマートフォンは眼を悪くする第一原因

したがって親が近視の予防策についてしっかりと認識した時点で、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

然し乍ら一番上が視力に異常なしの場合、



児童の仮性近視が増えています。至急に対策を講じる必要があります。視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける スマートフォンは最悪です。



なんといっても心理的問題でやられます、これで親は慌ててしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

つまり親がこどもの仮性近視について無頓着だと、こどもの視力低下を招いてしまうわけです。 視力を取り戻す簡単な方法

自分のこどもの視力に異常が出るとなにかと心配です。子供の近視で面白いのは、兄弟姉妹だと、最初の子が仮性近視になると、年下の兄弟の近視の危険度は下がります。年下のこどもが視力検査で異常が出るリスクが大きくなります。

視力が落ちてしまう原因は、近くのものを長時間見続ける、これが一番大きい原因です。

つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従ってパソコンでアクションゲームを長時間行うなどは、恐ろしい結果を招くことは明らかです。手遅れにならないうちに視力回復の手立てを考えなければなりません。子どもの視力回復は可能です。

« 無責任症候群スマホのゲームアプリ | トップページ | 携帯ゲーム機器視力低下への入り口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/73629113

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンは眼を悪くする第一原因:

« 無責任症候群スマホのゲームアプリ | トップページ | 携帯ゲーム機器視力低下への入り口 »