« 子供の視力回復~近視治療と健康 | トップページ | 視力低下の諸悪の根源スマートフォン »

2018年7月 7日 (土)

子供の視力回復~諦めない視力矯正

そのまま眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親の気持ちとしては有罪判決を受けたような気分です。でもメガネに頼れば年々度が強くなり、眼科の指定する系列のメガネ屋が儲け続けるスパイラルに巻き込まれてしまうだけです。メガネに頼れば確実に視力は低下し続けます。

眼病を治すのが第一の医療のあり方と都合よく捉えていて、視力低下はメガネで矯正と割りきって考える眼科医がほとんどです。実は仮性近視は眼科へ通い続けても良くなりません。こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。しかしある程度続けないと効果がでないのも事実です。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供の仮性近視が増えています。これは文明の進化の弊害ともいうべき現代の症候群とも言えるかもしれません。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。





子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科ですね。しかしここで間違えてしまうのは眼科医だけに頼ってしまうことです。仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネというパターンが多いからです。何故でしょうか?

仮性近視を治すには?

眼が悪くなるから勉強しないなんて悪たれをつく子供でも、本当に目に悪いDSやPSPなどの発光画面なら平気で何時間も続けられます。

仮性近視には必ずと言ってよいほど処方されるミドリンサンドールPなどの点眼薬があります。実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、本来は瞳孔を開かせるために特殊な目的で使う薬なのです。点眼薬を処方された後はしばらく様子を見ることになります。

« 子供の視力回復~近視治療と健康 | トップページ | 視力低下の諸悪の根源スマートフォン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/73816680

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~諦めない視力矯正:

« 子供の視力回復~近視治療と健康 | トップページ | 視力低下の諸悪の根源スマートフォン »