« 視力低下の諸悪の根源パズドラ | トップページ | 3DSは日本国民の視力低下に貢献 »

2018年7月24日 (火)

子供の視力回復~田中謹也・視力改善

眼科ではサンドールPなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。仮性近視の子供の親の愚かさは子育てへの反省や後悔ばかりで、真の解決策を見いだせないことです。結局「メガネが必要です。」と眼科で診断されてしまうのです。子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならラッキーでと捉えましょう。真性近視という、近視確定、即メガネという診断にならなければ、まだ救いの道はあります。子供の仮性近視が増えています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。これは現代社会が眼にやさしくない状況をもたらし続ける限り、こどもたちの視力が危険に曝されている状況からは抜け出せないでしょう。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

仮性近視・視力低下の原因は?

眼病を治すのが眼科医の本来の大義と捉えていて、視力低下はいずれメガネで矯正と当然のように考えている眼科医が大半でしょう。このミドリンMやミオピン、サンドールPはその使用に関しては疑問視する眼科医もいます。仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネというパターンが多いからです。何故でしょうか?

そして数週間様子を見ることになります。子供の生活習慣の乱れによる視力低下は、自らが招いたものではありますが、親の責任が大きいです。

眼科では仮性近視の患者はメガネを作らせてなんぼの存在です..こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。こどもが眼を悪くしてしまったのは。親がちゃんと気にしてやらなかったからです。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。でもここで真剣な親ならダメ元でも何とかならないか考えるでしょう。無駄な足搔きでしょうか?実はそんなことはないのです。あなたの知らなかった視力回復法に行き当たる可能性もあるのです。





視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

しかしある程度続けないと効果がでないのも事実です。

« 視力低下の諸悪の根源パズドラ | トップページ | 3DSは日本国民の視力低下に貢献 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/73912436

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~田中謹也・視力改善:

« 視力低下の諸悪の根源パズドラ | トップページ | 3DSは日本国民の視力低下に貢献 »