« 子供の視力回復~視力回復未来予想 | トップページ | 子供の視力回復~諦めない視力矯正 »

2018年7月 5日 (木)

子供の視力回復~近視治療と健康





子供の視力が低下の危機に瀕しています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、本来は瞳孔を開かせるために特殊な目的で使う薬なのです。仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネというパターンが多いからです。何故でしょうか?

処方された点眼薬ですが、この薬の作用や内容をご存知の方は意外に少ないのです。何回かの視力検査を経て眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点ではある程度の覚悟ができてしまっていて諦めが付いているかもしれません。実は仮性近視は眼科へ通い続けても良くなりません。子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科ですね。しかしここで間違えてしまうのは眼科医だけに頼ってしまうことです。もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでおびき寄せられているのです。

仮性近視点眼薬ミドリンMの恐ろしい実態

ミドリンMなどの名前の点眼薬、これを処方されて、毎晩就寝前に差すという指示を受けます。こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店が併設されていることがほとんどだと言う悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。眼の水晶体のピントを調整している筋肉を麻痺させて、筋肉を弛緩させるだけのものです。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供は油断しているとどんな子でも目を悪くする可能性があります。

« 子供の視力回復~視力回復未来予想 | トップページ | 子供の視力回復~諦めない視力矯正 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/73804292

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療と健康:

« 子供の視力回復~視力回復未来予想 | トップページ | 子供の視力回復~諦めない視力矯正 »