« 悪魔のささやきパズドラ | トップページ | 子供の視力回復~視力矯正の常識は間違っていた »

2018年7月15日 (日)

こどもの視力低下を招くスマートフォン

視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続ける スマートフォンは最悪です。



次のこどもが視力低下になる公算が高くなります。

こどもの視力の弱体化の問題は放置しておくと、ますます深刻化して行きます。こどもの近視で特筆すべきは、兄弟や姉妹は、年長が近視になると、年下の兄弟の近視の危険度は下がります。眼を悪くする原因は、近くを見続ける、これが一番の原因であることは明らかです。

結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもが眼を悪くすることも少なくなるというわけです。

田中謹也がアイトレを開発した理由

つまり親が近視、仮性近視についての知識が不足していると、こどもが近視になりやすいというわけです。とにもかくにも心理的不安、これに親は困ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?





つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従って任天堂のDS、3DSなどは、視力低下の諸悪の根源です。でも早いうちなら視力を回復させることが可能です。子どもの視力回復トレーニングが有効です。

ところが 最年長の子供が近視にならないと、我が子が視力低下になるとなにかと面倒が多くなります。

« 悪魔のささやきパズドラ | トップページ | 子供の視力回復~視力矯正の常識は間違っていた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/73860530

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの視力低下を招くスマートフォン:

« 悪魔のささやきパズドラ | トップページ | 子供の視力回復~視力矯正の常識は間違っていた »