« こどもの視力低下を招くスマートフォン | トップページ | iphoneゲームアプリは眼を悪くする第一原因 »

2018年7月18日 (水)

子供の視力回復~視力矯正の常識は間違っていた

とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

差し心地の決してよくないその点眼液を数週間使用した後、再検査、または再々検査を経て告げられるのは「そろそろメガネにしましょうか」の常套句。このミドリンMやミオピン、サンドールPはその使用に関しては疑問視する眼科医もいます。もうこうなった時点では遅いのです。もう黙ってその眼科の隣りか向いにある眼鏡店へ処方箋を持って行き、あとはひたすら度の強いメガネに買い替える人生。

眼科医が仮性近視を本気で治療しない不都合な真実が実際にあるのです。そのを暴露して真の視力を取り戻す最善で最短の方法を教えている人物がいます。

眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

仮性近視と診断されたら、眼科医ではサンドールPと呼ばれる点眼液などを処方します。



瞳孔を強制的に開かせるため、薬が効きすぎる場合が稀にあるようです。

とにかく数週間それを点眼して経過を見ることになります。子供が目を悪くしてしまうと、眼科でまず診察を受けるのですが、「仮性近視」と診断されたらその時点でやるべきことが実はあります。眼科では仮性近視が散瞳剤などで視力回復しても、それも一時的、仮性のものだという認識があります。仮性近視への疑問

仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

« こどもの視力低下を招くスマートフォン | トップページ | iphoneゲームアプリは眼を悪くする第一原因 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/73878519

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力矯正の常識は間違っていた:

« こどもの視力低下を招くスマートフォン | トップページ | iphoneゲームアプリは眼を悪くする第一原因 »