« 無責任症候群携帯ゲーム機器 | トップページ | 任天堂の製品視力障害への道 »

2018年8月14日 (火)

視力低下システム携帯ゲーム機器

というわけで親が近視の予防ということを意識したならば、こどもが眼を悪くすることも少なくなるというわけです。

仮性近視点眼薬ミドリンMの危険性

子供の近視で特徴的なのは、兄弟の場合はじめの子が近視になると、次の子の視力には気をつけますので、近視の確率は下がります。視力低下の原因は、近くを見続ける、これが主な最大の原因です。

然し乍ら第一子が視力に異常なしの場合、小さい子供の視力の弱体化が増えています。早急な対策が必要です。まず心理的不安、これで親は焦ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

要するに親がこどもの視力低下について無知だと、こどもの視力低下を招いてしまうわけです。 視力低下の予防、視力回復のためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続ける 携帯ゲーム機器は最悪です。



つまり眼の焦点を近くにばかり合わせていると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こうした状態が生活習慣化してしまえば遠くが見え辛くなっていくというわけです。したがってスマホアプリなどのゲームは、子どもの視力を喰い物にしているのです。でも子どものうちなら視力回復の良い方法があります。

自分の子供が眼を悪くしてしまうとなにかと苦労になることが多いです。



年少の兄弟姉妹が、近視になる公算が高くなります。

« 無責任症候群携帯ゲーム機器 | トップページ | 任天堂の製品視力障害への道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/74033476

この記事へのトラックバック一覧です: 視力低下システム携帯ゲーム機器:

« 無責任症候群携帯ゲーム機器 | トップページ | 任天堂の製品視力障害への道 »