« 無責任症候群3DS | トップページ | 視力低下システム携帯ゲーム機器 »

2018年8月13日 (月)

無責任症候群携帯ゲーム機器

つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こうした状態が生活習慣化してしまえば遠くが見え辛くなっていくというわけです。従ってスマートフォンなどでのゲームアプリは、子どもの視力を奪う最大の原因です。視力を回復させることは簡単ではありませんが、視力回復は可能です。

つまり親が視力低下についてなんにも知らないでいると、こどもが仮性近視になる率が高くなるというわけです。 でも最年長の子供が視力に異常なしの場合、まず精神的ストレス、これで親は滅入ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

次の兄弟姉妹が視力を下げてしまうリスクが高くなります。

子供が近視になるとなにかと厄介になることが多いです。眼を悪くする原因は、近くに視点を固定してしまう、このことが主な原因であることは明白です。

小児の視力の衰えが増え続け、深刻化してきています。子供の近視で興味を引くのは、兄弟の場合はじめの子が近視になると、年下の兄弟の近視の危険度は下がります。田中謹也がアイトレを開発した理由

結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもの仮性近視を防ぐ確率が高くなるというわけです。





視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。読書の場合は、近くでも視点移動やページめくりと言う作業があり,また適度に休憩をとることもできるのでまだ良いのですが、こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる 携帯ゲーム機器は最悪です。



« 無責任症候群3DS | トップページ | 視力低下システム携帯ゲーム機器 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/74025719

この記事へのトラックバック一覧です: 無責任症候群携帯ゲーム機器:

« 無責任症候群3DS | トップページ | 視力低下システム携帯ゲーム機器 »