« 子供の視力回復~近視治療の常識とは? | トップページ | iphoneゲームアプリは仮性近視の最大誘引 »

2018年9月 4日 (火)

子供の視力回復~田中謹也・近視治療





眼に悪い現代社会の環境、でもそんな環境だからこそわが子にしてやれることがあります。またそれは親の責任でもあります。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼科では仮性近視を治さないというあなたの知らない驚くべき真実があるのです。その事実に真っ向から立ち向かう一人の人物がいます。

瞳孔を開く薬、名前がミドリンMという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。この薬を仮性近視に使用するのを疑問視する声もあります。

この点眼薬は魔法の薬ではありません。近視の特効薬でもありません。仮性近視を引き起こす生活習慣

子供の視力が低下の危機に瀕しています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

眼科では仮性近視が散瞳剤などで視力回復しても、それも一時的、仮性のものだという認識があります。ほとんど効き目のないこの薬に頼るのではなくこの時点でやるべきことが実はあります。もうこうなった時点では遅いのです。もう黙ってその眼科の隣りか向いにある眼鏡店へ処方箋を持って行き、あとはひたすら度の強いメガネに買い替える人生。

子供の視力低下は深刻な問題で、早急な対処が望まれます。気を抜いていると、ちょっとした隙に目が悪くなっていたりします。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親として子供の視力にはもっと気を使うべきであった、なんという思慮不足だったのかと後悔してしまうかもしれませんよね。差したあと滲みる、痛いなど決して評判のよくないその点眼液を数週間使用してから、検査、または再検査を経て、結局は「そろそろメガネにしましょうか?」の決まり文句、どこかで誰かが言っていた通りの言葉。いやむしろ敢えて治さないといったほうが良いでしょうか。子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならば慎重にことを進めれば視力を回復できるでしょう。

« 子供の視力回復~近視治療の常識とは? | トップページ | iphoneゲームアプリは仮性近視の最大誘引 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/74151030

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~田中謹也・近視治療:

« 子供の視力回復~近視治療の常識とは? | トップページ | iphoneゲームアプリは仮性近視の最大誘引 »