« 子供の視力回復~近視克服をあきらめるな | トップページ | 子供の視力回復~田中謹也・近視治療 »

2018年9月 1日 (土)

子供の視力回復~近視治療の常識とは?





子供が目を悪くしてしまうと、眼科で検診をうけて仮性近視との診断ならその時点ではまだ良いほうかもしれません。いやむしろ敢えて治さないといったほうが良いでしょうか。実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPは眼を良くする薬ではなく、瞳孔を無理矢理に開かせ調整機能を弛緩させる作用の薬にすぎないのです。。子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

眼科医が仮性近視を本気で治療しない不都合な真実が実際にあるのです。そのを暴露して真の視力を取り戻す最善で最短の方法を教えている人物がいます。

こどもの視力低下には注意が必要です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。子供の視力低下は親の責任です。親としては視力低下の原因を認識して、予防や対処に務めるべきだったかもしれません。そのまま淡い期待をもって眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親としては有罪確定を言い渡されたようなものです。仮性近視を引き起こす生活習慣

仮性近視かどうかを見極めるためミドリンMなどという筋肉弛緩剤のような点眼薬を処方されます。眼科では近視は眼病の患者とは明らかに違う扱いだと感じてしまうのはなぜでしょうか?メガネの生活になることに意外に子供はのほほんとしていたりします。でも親に気を使ってかわかりませんが、辛い近視人生の開始となったのは確実です

遺伝?栄養の偏り?様々な原因に思いを巡らせ、子育ての後悔と罪悪感に苛まれてしまいます。

この薬を毎晩寝る前に差す、毎日必ず続けるように言われ様子を見ることになります。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

この薬を仮性近視に使用するのを疑問視する声もあります。

« 子供の視力回復~近視克服をあきらめるな | トップページ | 子供の視力回復~田中謹也・近視治療 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/74131769

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療の常識とは?:

« 子供の視力回復~近視克服をあきらめるな | トップページ | 子供の視力回復~田中謹也・近視治療 »