« 悪魔のささやきスマートフォン | トップページ | 視力低下の最大原因ツムツム »

2018年10月 4日 (木)

子供の視力回復~視力回復は可能か?

仮性近視を眼科では治せないという驚きの事実を知っていたら、あなたのお子さんの視力回復は手遅れにならなかったかもしれません。

そのまま淡い期待をもって眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親としては有罪確定を言い渡されたようなものです。仮性近視の子供~親が認識しておくべきこと





眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店を傘下に抱いているという悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。まさかこんなはずではなかったと、子育てへの自信と不安が襲ってくる。

子供が目を一旦悪くして、それでもなんとか仮性近視から一時的に視力が回復しても、この先同じことの繰り返しが起こるのは必定です。仮性近視と診断されたら、眼科医ではミドリンと呼ばれる点眼液などを処方します。眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

しかしある程度続けないと効果がでないのも事実です。

こどもが目を悪くしないようにするには、常日頃の注意が大事です。親の心配を他所に、子供は眼に悪いことが大好きです。子供の視力低下は保護者の責任です。親としてはできることはやってやりたかった、子供の視力低下を認識した時点で、手遅れと感じながらも、そう思ってしまうかもしれませんね。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼科は視力回復は専門外といってもよいでしょう。メガネを作るところまで行ってしまえば、眼科医の思う壺、そこで診察は終わり、あとは隣の眼鏡店で毎年、度の強くなるメガネを作り直すことの繰り返し。

点眼薬を処方された後はしばらく様子を見ることになります。

« 悪魔のささやきスマートフォン | トップページ | 視力低下の最大原因ツムツム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/74323645

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力回復は可能か?:

« 悪魔のささやきスマートフォン | トップページ | 視力低下の最大原因ツムツム »