« スマホのゲームアプリなどは視力低下の最大原因 | トップページ | ソニーPSVなどは視力低下の最大原因 »

2018年11月28日 (水)

子供の視力回復~近視治療は可能なのか

こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。親の心配を他所に、子供は眼に悪いことが大好きです。子供の視力低下は保護者の責任です。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。視力を取り戻す簡単な方法

この薬の使用に反対を唱える眼科医もいます。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

でもここで真剣な親ならダメ元でも何とかならないか考えるでしょう。無駄な足搔きでしょうか?実はそんなことはないのです。あなたの知らなかった視力回復法に行き当たる可能性もあるのです。





眼科では近視は眼病の患者とは明らかに違う扱いだと感じてしまうのはなぜでしょうか?仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。子供の生活習慣の乱れによる視力低下は、自らが招いたものではありますが、親の責任が大きいです。

効くはずもない点眼液の洗礼を経て、やがて眼科医から「メガネがないと授業に差し支えますね」とドキッとする言葉を投げかけられ諦めの境地がやって来ます。仮性近視でよく処方されるミドリンMなどという点眼液、ただ言われたままに寝る前に差します。実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPは眼を良くする薬ではなく、瞳孔を無理矢理に開かせ調整機能を弛緩させる作用の薬にすぎないのです。。眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

仮性近視のお子さんが眼科で検診だけを続けていては手遅れになる、これはある視力回復インストラクターが自信を持って言い切った言葉です。さてその真偽は?

これをしばらくの間、毎晩点眼して様子を見ることになります。子供が目を悪くしてしまうと、仮性近視になったことで自分の子供に対する愛情や注意が不十分だったと感じてしまい落ち込みます。

« スマホのゲームアプリなどは視力低下の最大原因 | トップページ | ソニーPSVなどは視力低下の最大原因 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2182526/74678920

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療は可能なのか:

« スマホのゲームアプリなどは視力低下の最大原因 | トップページ | ソニーPSVなどは視力低下の最大原因 »