« 視力低下を招く主犯はツムツム | トップページ | 視力低下を引き起こすスマートフォンは無責任 »

2019年2月24日 (日)

任天堂の製品は眼を悪くする第一原因

つまり親がこどもの仮性近視について無頓着だと、こどもが眼を悪くしてしまうというわけです。 視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる 任天堂の製品は最悪です。



子供の近視で注目すべきは、兄弟の場合はじめの子が近視になると、弟や妹は近視の確率が減ります。



結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

しかしながら一番上が視力を悪くしないと、近視になる原因とは、近くに視点を固定してしまう、これが視力にとって最悪のことなのです。

二番目のこどもが視力が落ちてしまう確率が高くなります。

自分のこどもの眼が悪くなるとなにかと苦労になることが多いです。小児の仮性近視が増え続け、深刻化してきています。つまり眼の焦点を近くにばかり合わせていると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってPSPなどのゲーム機器は子どもの視力にとって最悪です。眼を悪くしてしまったら、一刻も早く視力を回復させる手立てを考えなければなりません。

とにもかくにも精神的重圧、これで親は焦ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の視力回復トレーニング

« 視力低下を招く主犯はツムツム | トップページ | 視力低下を引き起こすスマートフォンは無責任 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂の製品は眼を悪くする第一原因:

« 視力低下を招く主犯はツムツム | トップページ | 視力低下を引き起こすスマートフォンは無責任 »