« こどもの視力低下を招くスマホのゲームアプリ | トップページ | 任天堂の製品は眼を悪くする第一原因 »

2019年2月23日 (土)

視力低下を招く主犯はツムツム

視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける ツムツムは最悪です。



子供の近視で面白いのは、兄弟の場合はじめの子が近視になると、二番目の子には気をつけますから視力はわりと安全です。つまり眼の焦点を近くにばかり合わせていると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こうした状態が生活習慣化してしまえば遠くが見え辛くなっていくというわけです。従ってDSなどのゲーム機器はこどもの視力を奪う最大の敵です。仮性近視になってしまったら、一刻も早く視力を回復させるトレーニングを始めたほうが良いでしょう。

したがって親が近視の予防策についてしっかりと認識した時点で、こどもが眼を悪くすることも少なくなるというわけです。

はじめは心理的打撃を受けます、これに親は困ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

けれども第一子が視力が良いと、要するに親の視力の健康維持に対する認識が不足していると、こどもの視力低下を招いてしまうわけです。



子供の眼が悪くなるとなにかと不安が多くなります。子供の仮性近視が増え続け、深刻化してきています。視力低下を招く原因は、近くに視点を固定してしまう、これが主な最大の原因です。

恐ろしい眼科の落とし穴

年少の兄弟姉妹が、視力を下げてしまうリスクが強くなります。

« こどもの視力低下を招くスマホのゲームアプリ | トップページ | 任天堂の製品は眼を悪くする第一原因 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 視力低下を招く主犯はツムツム:

« こどもの視力低下を招くスマホのゲームアプリ | トップページ | 任天堂の製品は眼を悪くする第一原因 »