« 3DS仮性近視への階段 | トップページ | ソニーPSVで視力低下はこどもの勲章 »

2019年3月10日 (日)

私の視力アップ

眼科では仮性近視を本気で治る、治せる、治そうとは思っていません。これをしばらくの間、毎晩点眼して様子を見ることになります。差したあと滲みる、痛いなど決して評判のよくないその点眼液を数週間使用してから、検査、または再検査を経て、結局は「そろそろメガネにしましょうか?」の決まり文句、どこかで誰かが言っていた通りの言葉。ある視力回復インストラクターは言います。眼科は眼病を治療するところ、眼科には視力を回復させようという意識はない。その真の意味は?

わが子が仮性近視になってしまったら最良の方法で対処しましょう。子供の視力低下、視力障害は恐ろしい結末を招くことがあるのです。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでのところに立たされているのです。

近くにピントを合わせたまま一時的に固まってしまった筋肉の柔軟性を取り戻す目的の薬だそうです。

ゲーム機やスマートフォン、携帯電話、どれも仮性近視を促進させる要因が日常生活には溢れています。

子供の視力低下は深刻な問題で、早急な対処が望まれます。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親として子供の視力にはもっと気を使うべきであった、なんという思慮不足だったのかと後悔してしまうかもしれませんよね。もし視力が回復する患者さんが続出するなら死活問題になってしまうのです。仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールP等は有効な場合もありますが、使い方によってはとても危険です。視力回復の救世主 田中謹也のアイトレーニング





子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科ですね。しかしここで間違えてしまうのは眼科医だけに頼ってしまうことです。眼科に頼るならミオピンという点眼薬などが淡い期待の唯一の拠り所です。

« 3DS仮性近視への階段 | トップページ | ソニーPSVで視力低下はこどもの勲章 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の視力アップ:

« 3DS仮性近視への階段 | トップページ | ソニーPSVで視力低下はこどもの勲章 »